自分らしく生きる

最近よく耳にする、「自分らしく・ありのまま・いまここ」を
あなたの生年月日からアドバイスしてます。

出会いは九星気学

20歳になる前に、母が「すごい占い師さんに観てもらった!とってもおもしろいわよ!」と私に見せたのが、最初の師の命式でした。どうやら、お友達とともに鑑定をしてもらったらしいのですが、それがきっかけで、すぐに、九星気学を勉強し始めました。
九星にプラスして、干支(えと)で性格を観ることでその人への接し方がわかる、というのは、師がルーツです。

エステシャンがきっかけ

子育てをしながら、20代で、自宅にエステを開業。そこで感じたのは、私の子育てスタイルには、こうした自宅営業がとってもあっているってこと。
そして、さらに、商売繁盛のため、師に鑑定をしていただく年月が過ぎました。
その流れでお客様を占うこともチラホラ。実用すると面白いのが占いです。
しかし、同時に九星気学ではいろんな矛盾や限界が見え始めていました。
「どうしてそこはそうなるの?」…

私が師から教わったのは、「霊感を使ってはいけないよ。きちんと正直に星をみなさい。」ということです。その言葉通り星で鑑定しますが、どうも抜け落ちるところがある…回数を重ねるうちに、どうしても腑に落ちなくなり、自分の占いに自信が持てなくなってしまいました。

第二子出産とともに出会ったスピリチュアル

第二子出産とともに、自分自身に対する信頼度が低くなっているのを感じ始めたとき、スピリチュアルな世界と出会いました。
「どんなことでも一瞬のうちに変えることができる」といううたい文句と、もともとあった直観力がマッチして、リーディング・ヒーリング・魂の書き換え等々…一生懸命実行する毎日?
それでも私が求めていた“ブレイクスルー”はやってきません。
子育ては楽しいし、望んだ人生が手に入ったハズなのに…
気学で祐気取りをし、ヒーリングで浄化し、魂の書き換えで私は完璧なはずなのに…???
いったい何が足りないの?
悩みはどんどん深くなっていきました。

いまここ

子育ての中で、自分と向き合う年月…
自然に「心理学を学ぼう!」ということに…(笑) もともと学生時代、社会科目が苦手で、入試すら受けられなかった…心理学科。
「そうだ!大人なら行ける!」(学科試験がないから)
そう閃いて、現在通信制大学にて、心理科目を履修中です。
まだ、志半ばですが、占いや、スピリチュアル、カウンセリングは、学問としての心理学を学ぶことによって、極論に走らずに、全体像をつかめるな~ということを実感しはじめました。
これらの中で出会ってきた、共通のテーマは「いまここ」
そして、さらに共通のテーマは、人ってみんな違うんだな~と思ってみたり、みんな同じなんだ~と思ってみたり…
気が付いたら、どれかだけを切り取ってお見せすることが難しく、この流れ自体がわたし自身だから、ミックスセッションなんです(ネーミングが…)
私だけ?私だから?という思い込みから解放されて、ハートが暖かくなり、皆それぞれがちゃんと持っている個性が、輝きになるよう、心を込めてアドバイスしています。
それは、「あんたダメよ!こうしなさい!」的な二極論ではなく、その人オリジナルのバランスポイントを探すお手伝いなのです。

そして…

ですので、セッション…鑑定をそう呼ぶには、ヒーリングやカウンセリングの要素のたっぷりはいった時間だからなのです。
私があなたにできることは、生年月日から、運勢の流れを読み(九星など)、内側の自分と外側の自分を読み(心理的分析など)、生き癖を読み(心理的分析・リーディングなど)どんなふうに物事をとらえ(干支えと+分析など)、夢や希望をどう叶えていったらいいのか?(九星・魂の書き換えなど)といった、自分や周りの環境を知る、大切な時間を共有することです。
行き詰っている。少しでも前に進みたい。勇気がほしい。背中を押してほしい!そんな心境の時、そして、人間関係に困っている、家庭内の問題を抱えている、子どものこと、母親として悩んでいる、親戚づきあいを考えると気が重い、そういったご相談も得意分野です。
また、相関関係を観ることができるので、会社内、サークル内の全員を鑑定し、適材適所を図る、ということも、時々しています^^。
遠慮なくご相談ください。
でもまだ私の旅は終わってはいません。九星気学に疑問を持ち続けた私は、「干支九星(かんしきゅうせい)」という学問に出会いました。これはずっと自分に誓っていた「九星気学の謎を、解く!」という願いが、引き寄せてくれた出会いです。それについては   コチラ>>

Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com